コード進行分析

【春の歌】のコード進行をわかりやすく解説!【スピッツ】

リリース 2005/04/20
収録アルバム スーベニア
作詞 草野正宗
作曲 草野正宗

【春の歌】のコード進行と歌詞

コード表の見方

コード

コードネームを実音で表しています。クリックするとそのコードの音が鳴ります。

度数

  • メジャーのトニックを❶
  • マイナーのトニックを❻m

とした場合の度数を表しています。ノンダイアトニックコードは赤文字で表記しています。

コードの度数表記(ディグリーネーム)について

「Key=Aメジャー(F#マイナー)」のダイアトニックコード

3和音

A Bm C#m D E F#m G#m-5
❷m ❸m ❻m ❼m-5

4和音

A△7 Bm7 C#m7 D△7 E7 F#m7 G#m7-5
❶△7 ❷m7 ❸m7 ❹△7 ❺7 ❻m7 ❼m7-5

イントロ

コード A D [Aon#C] D
度数 ❶/❸
歌詞
コード [Aon#C] D Esus4 E
度数 ❶/❸ ❺sus4
歌詞

Aメロ

コード A D [Aon#C] D
度数 ❶/❸
歌詞 重い足でぬ かるむ道を来た トゲのある藪 をかき分けてきた
コード [Aon#C] D Esus4 E
度数 ❶/❸ ❺sus4
歌詞 食べられそうな 全てを 食べた
コード A D [Aon#C] D
度数 ❶/❸
歌詞 長いトンネルを くぐり抜けた時 見慣れない色に 包まれていった
コード [Aon#C] D Esus4 E
度数 ❶/❸ ❺sus4
歌詞 実はまだ始 まったとこ だった

Bメロ

コード Bm F#m D A
度数 ❷m ❻m
歌詞 「どうでもいい」と か そんなこ とば(言葉)で汚れた
コード Bm [Aon#C] D E
度数 ❷m ❶/❸
歌詞 心 い ま(今) は な(放) て 春の

サビ

コード DE F#mC#m DE F#m
度数 ❹ ❺ ❻m ❸m ❹ ❺ ❻m
歌詞 愛と希望よ り前に響 く 聞こえ
コード DE F#mC#m DE
度数 ❹ ❺ ❻m ❸m ❹ ❺
歌詞 るか? 遠い空に 映る君に

間奏1

コード A D [Aon#C] D
度数 ❶/❸
歌詞
コード [Aon#C] D Esus4 E
度数 ❶/❸ ❺sus4
歌詞

Aメロ

コード A D [Aon#C] D
度数 ❶/❸
歌詞 平気な顔でかな り無理してたこと 叫びたいのに懸 命に微笑んだこと
コード [Aon#C] D Esus4 E
度数 ❶/❸ ❺sus4
歌詞 朝の光に さらされ ていく

Bメロ

コード Bm F#m D A
度数 ❷m ❻m
歌詞 忘れかけ た 本当は 忘れたくない
コード Bm [Aon#C] D E
度数 ❷m ❶/❸
歌詞 君の名 を な る 春の

サビ

コード DE F#mC#m DE F#m
度数 ❹ ❺ ❻m ❸m ❹ ❺ ❻m
歌詞 愛も希望も つくりはじめ る 遮
コード DE F#mC#m DE
度数 ❹ ❺ ❻m ❸m ❹ ❺
歌詞 るな 何処までもつ づ(続)くこの道

大サビ

コード F#m F#m C#m C#m
度数 ❻m ❻m ❸m ❸m
歌詞 歩いて いくよ サルの
コード D D A A
度数
歌詞 ままで 孤り
コード F#m F#m C#m C#m
度数 ❻m ❻m ❸m ❸m
歌詞 じゃなく
コード D DE
度数 ❹ ❺
歌詞 る(歩)いて

間奏2

コード A D [Aon#C] D
度数 ❶/❸
歌詞
コード [Aon#C] D Esus4 Esus4
度数 ❶/❸ ❺sus4 ❺sus4
歌詞
コード Esus4 E
度数 ❺sus4
歌詞 春の

サビ

コード DE F#mC#m DE F#m
度数 ❹ ❺ ❻m ❸m ❹ ❺ ❻m
歌詞 愛と希望よ り前に響 く 聞こえ
コード DE F#mC#m DE A
度数 ❹ ❺ ❻m ❸m ❹ ❺
歌詞 るか? 遠い空に 映る君に も 春の
コード DE F#mC#m DE F#m
度数 ❹ ❺ ❻m ❸m ❹ ❺ ❻m
歌詞 愛も希望も つくりはじめ る 遮
コード DE F#mC#m DE G△7
度数 ❹ ❺ ❻m ❸m ❹ ❺ ❼♭△7
歌詞 るな 何処までもつ づ(続)くこの道
コード G△7
度数 ♭△7
歌詞

アウトロ

コード [DonA][Aon#C] [DonA][EonA] [DonA][Aon#C] [DonA]A
度数 ❹/❶ ❶/❸ ❹/❶ ❺/❶ ❹/❶ ❶/❸ ❹/❶ ❶
歌詞
×4(フェードアウト)

重い足でぬかるむ道を来た トゲのある藪をかき分けてきた
食べられそうな全てを食べた

長いトンネルをくぐり抜けた時 見慣れない色に包まれていった
実はまだ始まったとこだった

「どうでもいい」とか そんな言葉で汚れた
心 今放て

春の歌 愛と希望より前に響く
聞こえるか? 遠い空に映る君にも

平気な顔でかなり無理してたこと 叫びたいのに懸命に微笑んだこと
朝の光にさらされていく

忘れかけた 本当は忘れたくない
君の名をなぞる

春の歌 愛も希望もつくりはじめる
遮るな 何処までも続くこの道を

歩いていくよ サルのままで孤り
幻じゃなく 歩いていく

春の歌 愛と希望より前に響く
聞こえるか? 遠い空に映る君にも

春の歌 愛も希望もつくりはじめる
遮るな 何処までも続くこの道を

【春の歌】のコード進行を分析

 

イントロ

 

コード A D [Aon#C] D
度数 ❶/❸
歌詞
コード [Aon#C] D Esus4 E
度数 ❶/❸ ❺sus4
歌詞

分数コードが登場してややこしそうに見えますが、一旦「ベース音」と「上モノのコード」を切り離して見てみましょう。

上モノのコード(ギターが弾いているコード)だけで見てみると、

A→❹D→❶A→❹D→❶A→❹D→❺sus4Esus4→❺E

という風になっています。コレをシンプルに考えると、「❶と❹を交互に繰り返したあとに❺に進行」ということになります。こう考えると難しくありませんね。

8小節目のEに解決するための「じらし」

春の歌のイントロの構成を大きく捉えると

❶→❹→❺

ですが、そうすんなりとは進行しません。

個人的には「じらし」を演出しているのではないか?という解釈をしています。

溜めて溜めてじらすことによって、ストーリーの流れをつくっています。

まず❶→❹を3回も繰り返していますね。3回も同じことを繰り返されると、聴いている方としては「そろそろ次の動きが来るのでは?」という心理が働きます。

そしてその期待に応えるように❺に進行するわけですが、そこで待ち受けていたのは単純な❺ではなく❺sus4です。

❺sus4を聞かされると、❺に進行してほしい心理が働きます。ここでもじらされるわけです。

そしてようやく、8小節目にめでたく❺に進行して「やっとここにたどり着いたか!」とホッと一息です。

1〜7小節目のコードは、8小節目の❺に収束させるための「壮大なじらし」なのではないでしょうか。

じらしの引き立て役「A音」

さて、このイントロの8小節間の「じらし」のドラマをさらに引き立てる役目を担っているキャラがいます。

それは「A音」です。

「A音のライン」が、最後の❺で美しく収束されるこのコード進行を演出しています。

どういうことかというと、まず7〜8小節目の

❺sus4→❺

のコードを見てみましょう。このコード進行の解決を担うのは「A音→G#音」という音の流れです。

解決先の❺の構成音のうち、3度にあたるG#音を1度ずり上げてA音にしている状態が❺sus4です。

つまり、❺sus4に含まれるA音がG#音に下がることで、「❺への解決」が成立しているんですね。

ここで、一旦1〜6小節目に目を移してみましょう。

❶と❹を行ったり来たりしていますが、❶にも❹にも共通して含まれている音がA音です。

鳴り続けたA音は、7小節目に入っても❺sus4の4度の音として鳴り続けます。

つまり、8小節目の❺に至るまで、最初からずーっとA音が鳴り続けているということです。

ずーっと鳴り続けたA音が、8小節目についに半音下がってG#に到達して❺が奏でられることにより、じらしのドラマは終焉を迎えることとなります。

A音がずーっと鳴り続けていたからこそ、8小節目の❺への解決感がより一層増すのだと思います。

分数コードの不安定さの役割

さて、ここまでは春の歌のイントロのコード進行について、分数コードの「ベース音」を除外した状態で考察してきました。

ここからは分数コードのベース音がどのようにコードの響きに作用しているかを見ていきましょう。

この分数コードは❶/❸[Aon#C]ということになっていますが、どういうことかというと主たるコードは❶Aであり、ベース音がC#音を鳴らしているということですね。

このC#音というのは❶Aの構成音に含まれています。3度の音にあたります。

Aと❶/❸[Aon#C]を聴き比べると、❶/❸[Aon#C]のほうが安定しません。

地に足がついていないというか、フワフワしている感じに聞こえます。1度の音ではなく3度の音がベース音になっているのですから、当然ですね。

この分数コードによる「不安定さ」が、イントロを聴いたときに喚起される「解決してほしい感」を強めているのではないかと考えられます。

作曲のテクニックとして

この春の歌のイントロのコード進行の事例から、作曲のアイデアとしても学ぶことができます。

たとえば、まず「A音→G#音の解決感を強調したい」ということを起点として、コード進行を組み立てるという考え方です。

「そのために、最初からずっとA音を鳴らして引っ張ると良いのでは?」
「じゃあ、A音を含むコードだけでコード進行を構成しよう」

というような感じで、コード進行ありきの作曲ではなく「音の流れ」や「強調したいコードの機能」を先に定義し、そこから逆算してコード進行を考えるということです。

Aメロ

↑Aメロから再生されます

Bメロ

↑Bメロから再生されます

サビ

↑サビから再生されます

間奏

大サビ

↑大サビから再生されます

アウトロ

(Youtube)

http://gakufu.gakki.me/m/data/DT10440.html

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です