音楽の考察・妄想

「ナポリの六度」に関する考察・メモ

「ナポリの六度」に関する考察・メモ

捉え方や定義には諸説あり、それぞれを分析して考察

「ナポリの六度」の捉え方・定義の違い

  1. サブドミナントマイナーの5度が半音上がったコード
  2. マイナーKeyにおける短2度の音をルートとするメジャートライアドの第一転回形
  3. マイナーKeyにおける❷m-5のルートだけを半音下げたコードの第一転回形

1.サブドミナントマイナーの5度が半音上がったコード

サブドミナントマイナーは

「ファ・ラ♭・ド」

・・・の「ド」が半音上がって「ファ・ラ♭・レ♭」

このとき、「ファ・レ」の音程が短6度になる

2.マイナーKeyにおける短2度の音をルートとするメジャートライアドの第一転回形

マイナーKeyにおける短2度の音(シ♭)をルートとするメジャートライアドは

「シ♭・レ・ファ」

・・・の第一転回形は「レ・ファ・シ♭」

このとき、「レ・シ♭」の音程が短6度になる

3.マイナーKeyにおける❷m-5のルートだけを半音下げたコードの第一転回形

マイナーKeyにおける❷m-5(メジャーKeyにおける❼m-5)は

「シ・レ・ファ」

・・・のルート「シ」だけを半音下げると「シ♭・レ・ファ」

・・・の第一転回形は「レ・ファ・シ♭」

このとき、「レ・シ♭」の音程が短6度になる

それぞれの差異と共通点

2と3は音の導き方が違うだけで、内容は同じ

しかし1と2・3とでは階名の捉え方が違う

  • 1は「ファ・ラ♭・レ♭」
  • 2・3は「レ・ファ・シ♭」

いずれも「機能としてはサブドミナントという解釈をしている」という点は共通

2・3の「レ・ファ・シ♭」は、サブドミナントの代理コード❷m「レ・ファ・ラ」を原型と捉えている

(「レ・ファ・ラ」は、マイナーKeyで数えるとサブドミナント)

考察

別名「ナポリの二度」の由来について

ナポリの六度は「ナポリの二度」という呼び方もあるらしいが、その理由は?

1

1の「ファ・ラ♭・レ♭」を第一転回形と仮定した場合、転回していない正規の形は

「レ♭・ファ・ラ♭」

レ♭をルートとしたメジャートライアドと捉えることができる

つまり、メジャーKeyにおける2番目のコード(正確には2番目は長2度。コレは短2度)

2・3

2・3の「レ・ファ・シ♭」は第一転回形と捉えられることが一般的で、転回していない正規の形は

「シ♭・レ・ファ・」

つまり、マイナーKeyにおける2番目のコード(正確には2番目は長2度。コレは短2度)

裏コードとの関係は?

1の「ファ・ラ♭・レ♭」を第一転回形と仮定した場合、転回していない正規の形は

「レ♭・ファ・ラ♭」

・・・に短7度の音をつけると

「レ♭・ファ・ラ♭・シ」

つまり、ドミナント「ソ・シ・レ・ファ」の裏コードと同じ構成音

でも、この2つを同義と捉えるべきではない?なぜならナポリの六度は、機能としてはあくまでもサブドミナントだから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です